〇今を生きる

平成最後の年も早2か月目に突入していますが皆さまはいかがおすごしですか?

先日着物が大好きな女性の集まりがあり参加してきました。

20名を超える着物姿の女子会は

素晴らしく艶やかで楽しい時間でした。

着物を着て出かけるまでにいそいそと和ダンスから着物を取り出して

帯とのコーディネートを考えている様子を横で見ていた主人が

「自分も着たい。」と、言い出しました(^.^)

主人が着物に興味を持ってくれたことがすごく嬉しかったのですが

着物ってやっぱり高価なものなので

そう簡単には着てもらえないな。

と思ってタンスの中を見ていると

なんと男性物のアンサンブルがあったのです!!!

母が嫁入り道具にと用意してくれたものの中に主人の着物が入っていました!

その時は、父の着物が入っているのかな?と思ったのですが

主人が着ると丈がぴったりでした\(^^)/

女性ものの着物は腰ひもでおはしょりをするので

多少の身長差は調整できるのですが

男性物は対丈(ついたけ)といっておはしょりなどせずに身体に

ぴったりの長さで仕立てます。

主人と父は10cmほど身長差があるので

その着物はまさに主人のために母が用意してくれていたものでした。

 

そういえば結婚前に主人の身長を聞かれたな。と思い出しました。

その母も昨年亡くなりました。

私以上に嫁入り道具を嬉しそうに揃えてくれていたことが思い出されます。

当時の私は母に色々聞かれるたびに先にある結婚式の事に気をとられ

いい加減に返事して母としっかり話すことをしていませんでした。

今となってはもっと母と娘の時間を楽しめば良かったと後悔しきりです。

あのときは永遠に親子の時間は続くと考えていたので

その時その時を大事にしていなかったけど

今という時間の積み重ねが過去になったり未来に繋がるのだと最近つくづく感じます。

 

皆さんは今を生きていますか?