オルタンシアはフランス語で紫陽花という意味です。
小さな花が集まって、一輪の大きな花を形作る様子が仲間と共に創る社会のようで、この名前を選びました。
自分のことはわかっているつもりでも、物事を選択するときに過去の体験や環境などから選択していませんか?
まずは自分自身とコミュニケーションをして、自分次第の選択で軽やかに前進するお手伝いをします。

代表

プロフィール画像

パラダイムシフトコミニュケーション®トレーナー
森田春美(もりたはるみ)

物事がうまくいかないときに、周りのせいにする事って、よくありますよね。
時間がないから。仕事が忙しいから。あの人はわかってくれない。等々。
そんな時はまず、自分自身とコミュニケーションしてください。
そして、自分自身がどうありたいのか。という視点で物事を観てみると、驚くほど物事が動き出します。
コーチングはそのお手伝いをします。

アクセス

〒552-0007
大阪市港区弁天5-8-4
Tel(06)6572-1754 Fax(06)6571-2840
メールアドレス:info@hortensia-m.com

コーチングについて

そもそもコーチングってなに?って言うかたもいらっしゃいますよね。
コーチングと似たようなニュアンスで、カウンセリングをイメージする方も多いのではないかと思います。

ざっくりですが、カウンセリングはメンタルが通常の状態を0とした場合に、マイナスに落ち込んでいる方を0の状態に上げていきます。
コーチングはメンタルが0の状態から、プラスに上げていくものだといえます。

そして、コーチングは特定の分野にしか使えないものではなく、コミュニケーションのセンスなので、会社での人間関係、学校での友人関係、家族関係、親子関係等、全てのコミュニケーションに活用できます。
ぜひ、機能するコミュニケーションで、軽やかに前進する体験をしてみてください。

コーチングをはじめたきっかけ

私は地域の中でボランティア活動をしています。PTA活動がボランティア活動のきっかけになったのですが、PTAを卒業して地域の活動をする中で、自分自身の目指す地域創りってなんだろう。なんのためにボランティア活動をしているのだろう。と、思うこともあり、また背景も年齢層も異なる人たちとコミュニケーションをとる場面が増えてきた事もあり、今のままではダメだ。と、感じて知人の薦めでコーチングを学び始めました。

コーチングをはじめる人へメッセージ

物事がうまくいかないときに、周りのせいにする事って、よくありますよね。時間がないから。仕事が忙しいから。あの人はわかってくれない。等々。
そんな時はまず、自分自身とコミュニケーションしてください。
そして、自分自身がどうありたいのか。という視点で物事を観てみると、驚くほど物事が動き出します。
コーチングはそのお手伝いをします。